心理カウンセラー

心理カウンセラーに関するコラム・インタビュー一覧

心理カウンセラーとは?キャリアや資格、仕事について紹介いたします。現役で活躍中のカウンセラーインタビューでは「やりがい」やスクールでの勉強で役に立った事、1日のスケジュールなど、リアルな声を掲載。心理職ではない方にも使える「ココロ」に関するコラムもチェックしてみましょう。

カウンセラーと自己理解 臨床心理士インタビュー

カウンセラーを目指したきっかけ --まず最初に、カウンセラーを目指したきっかけを、教えてい...

つづきを読む

摂食障害~症状と受診の目安

摂食障害とは極端な食事制限や過度な食事の摂取により、健康に問題が引き起こされる病気で、厚生労働省の難治性疾患(いわゆる難病)にも指定されています。ご自身や、思春期のお子さんにどのような兆候があらわれたら注意するべきか、また予防法やカウンセラーがおすすめする対処法などを見ていきましょう。

つづきを読む

心理カウンセラーに必要な3つの条件とは?

家庭、仕事、人間関係など、何かとストレスフルな現代社会。心の病にかかる人も少なくありません。そんな人たちの心に寄り添うのが心理カウンセラーです。心理カウンセラーに必要な条件や心構えをあらためて見ていきましょう。

つづきを読む

カウンセラーとして独立したい!…その前に。

心理カウンセラーとしての開業は誰でもできる!? 国家資格である、「臨床心理士」「公認心理師...

つづきを読む

ミッドライフ・クライシス(中年の危機)の葛藤と対処法

ミッドライフとは、40歳前後から、50代前半までの時期を指します。多くの人が人生の転換期を迎え、青年期には無限にあると思えた時間が、有限であることに気づくこの時期に、「自分は何のために生きているのだろう」などと深く思い悩むことがあります。

つづきを読む

アサーションで、上手に伝える。

最近「アサーション」を学ぶ人が増えています。人間関係における悩みの解消、良好なコミュニケーションの構築に、アサーションの考え方やテクニックが役に立ちます。自分も相手も尊重しながら、正直に自己表現し、率直で気持ちのよいコミュニケーションができるようになるアサーションを、生活や仕事に取り入れてみませんか?

つづきを読む

NO IMAGE

臨床心理士

臨床心理学に基づいた知識と技術で心理的な悩みを抱えた方を援助する専門職です。現在、もっとも認知されている心理の資格であり、民間資格ではありますが、認定機関は内閣府認可の公益財団法人であることから、信頼度の高い資格と言えます。臨床心理士の職域は、教育や医療・保健分野、福祉、労働・産業分野など多岐に渡ります。

つづきを読む

公認心理師

心理職の唯一の国家資格(名称独占資格)です。2017年公認心理師法の全面施行により定められました。保険医療、福祉、教育、産業などの分野で、支援を求める人やその関係者の相談に応じ、助言、指導、そのほかの援助を行います。また、心の健康に関する知識の普及を図るための教育や情報の提供を行うことも公認心理師の業務として定められています。

つづきを読む

人間の心理への興味から、カウンセラーに転身

呉服の営業職からスクールカウンセラーを経て、働く人のためのEAPカウンセラーに。現在のカウンセリングのお仕事のスケジュールや、カウンセラーに向いている人、目指す人へのアドバイスなどをお聞きしました

つづきを読む

NO IMAGE

スクールカウンセラー

学校内の相談室で、児童生徒や家族の相談に応じ、教職員のコンサルテーションを行う心理の専門家です。スクールカウンセラーという資格はありませんが、8割が臨床心理士で、それ以外に臨床発達心理士や心理学系大学院の修士以上、心理学系大学の教員などが勤務しています。今後は臨床心理士にかわり、公認心理師の資格が求められるとされています。

つづきを読む