レジリエンス(心の回復力)

レジリエンス

レジリエンス(resilience)とは、心理学では「精神的回復力」と訳されます。大事な会議の前になるとお腹が痛くなる…、上司の前で緊張して話せなくなる…そんな時、「自分は、心が弱いのかも?」と思った事がありませんか。

心が弱い…の「心」とは?

心が弱いとは、一体どういうことなのでしょうか。そもそも「心」とは何でしょうか。身体のどこにあるのでしょう?

アリストテレスは、「心」は胸(心臓)にあると考えました。確かに、緊張すると心臓がドキドキしたり、「胸が痛む」というように、罪悪感や何かを心配する気持ちから心臓が痛くなることがあります。ですが、もし人工心臓を移植したとしても、その人の「心」が無くなってしまうわけではありません。

一方で、医術の祖ヒポクラテスは、「心」は脳にあると考えました。確かに、物事を考え、情緒を感じるなど、こうした脳のあらゆる働きを「心」と呼べるのかもしれません。

近年の研究では、心とは脳であるという考え方が支持されているようです。もし仮にそうであるとすれば、心を育てるというのは、脳の働きを発達させることとも言えそうです。ただ、脳の働きを発達させるというと、自分の力でどうにか出来るものではないように感じてしまいますよね。

ハーディネスからレジリエンスへ

1990年代以前、世界では、強靭な心、頑強な精神のような「ハーディネス」という考え方が重視されてきました。ハーディネスとは、高いストレスの下でも健康を保つ事が出来る性格特性です。

日本でも、2000年代には「強い心」を育てることが重視されてきました。それは同時に、「強者」育成の発想であり、競争力を育てることにもなりました。

一方で、世界では、徐々にレジリエンス「(心の回復力)」を育てることを重要視していくようになっていきました。レジリエンスは、逆境やストレスにさらされても精神的な健康状態を維持できる力、あるいは不適応状態に陥ったとしても、そこから回復する能力の事です。

近年では日本でも、「ハーディネス」から「レジリエンス」、つまり「心を強くすること」よりも、「心の回復力を育てること」が大切だと言われるようになってきています。

レジリエンスは育てられる

レジリエンスは、特定の人が持っているハーディネスとは異なり、誰もが持っているものです。

大きな失敗をしたり、大切な人を失ったり、自然災害に遭ったり…私たちは落ち込む事があると、もう二度と立ち直れないと思う事がありますが、実際は時間が経つにつれ、徐々に立ち直り、心の傷は癒されていきますよね。この立ち直ることのできる力がレジリエンスです。

ただ、同じ出来事に遭っても、深く傷つく人と、乗り越えるのに時間がかからない人がいます。これは、レジリエンスの高さに違いがあるからです。

レジリエンスの高さは生まれながらに決まっているものではありません。元々の性格や、生まれ育った環境に左右される部分もありますが、大人でも、高めていくことが出来ます。

次ページではレジリエンスを育てる方法について考えていきます。