ミッドライフ・クライシス(中年の危機)の葛藤と対処法

ミッドライフクライシス

ミッドライフ(中年)とは、40歳前後から、50代前半までの時期を指します。多くの人が人生の転換期を迎えるこの時期に、「自分は何のために生きているのだろう」などと深く思い悩むことがあります。

ミッドライフ・クライシスとは

私たちは誰しも、人生の中で様々な選択をして生きています。
しかし…
「自分の人生、これで良かったのだろうか…?」
「もし、あのとき、違う選択肢を選んでいたとしたら…?」
こんなことを考えたことは、ないでしょうか。

このような思いを抱くのは、人間が成熟していく時に起こる自然なことです。しかし、この時、充分に向き合えずにいると、とても辛い状況になってしまいます。何年も深く悩み、うつ病のような状態になってしまうこともあります。

この中年期の心理的な危機をミッドライフ・クライシスと呼びます。

「仕事が元々上手くいっていないから、なるんでしょう?」
「夫婦仲が良くないから、なるんじゃないの?」
…そう思う人もいるかもしれませんね。

ですが、ミッドライフ・クライシスは、仕事や家庭が上手くいっていたかどうかは関係ありません。それまで、どのような人生を送っていようとも、迎えることがあるのです。

そのため、今現在、中年期の人も、まだ中年期に差し掛かっていない人も、ミッドライフ・クライシスについて学び、対策を知っておくことが大切です。

きっかけは?

ミッドライフ・クライシスの始まり方は、人によってさまざまです。

「体力が衰えてきたのに、仕事上の負担は減らない」「職場で部下を育てなければならず、自分の仕事に手を付けられない」「親の介護が始まった」「子どもが思春期に入り、子育てに悩んでいる」等、具体的なきっかけがあって始まることがあります。

一方で、特に思い当たるような出来事はないのに、ある日、突然、自分の中で何かが壊れたように感じて、始まる場合もあります。

肉親や知人の死など大切な人を失う時期にも差し掛かるため、精神的に不安定になったり、これからの残りの人生について考えるようになるとも言えます。

そして、自分の人生に対して限界を感じたり、もう他の選択肢は選べないのだと感じるようになった時、ミッドライフ・クライシスを迎えるのかもしれません。

青年期の葛藤との違い

多くの人は、中年期よりも前の青年期(15~25歳頃)にも、似たような危機を経験しているかと思います。

青年期の葛藤は、「自分は何者なのか」「自分はどんな仕事がしたいか」「自分はどんな人生を歩みたいのか」といったことが多いのですが、これらを自問自答するなかで、人は「自分らしさとは何か」「自分とは何者なのか」という、アイデンティティを確立していきます。これが上手く定まらない時、青年期の危機を迎えます。

中年期には、青年期で一度答えが出たはずのそれらの問いが、再度、問われることになります。

男性のミッドライフ・クライシス

男性の場合、ミッドライフ・クライシスが始まるのは、主に心身の「衰え」を感じた時です。

中年期になると男性ホルモンが減少して、様々な不調に悩まされることがあります。身体的な症状では、動悸、息切れ、ほてり、のぼせ、多汗症状などがあります。精神的な症状ではイライラ・抑うつ感(あまり外に出たくない等)があります。

しかし、このような衰えを感じるのは、年齢から考えれば自然なことです。では、乗り越えていく人と乗り越えるのが難しい人がいるのはなぜでしょう?

それは、衰えそのものよりも、衰えに対する「焦り」によって、ミッドライフ・クライシスが始まるからです。

男性は性的な行動への結びつきに注意

ミッドライフ・クライシスを迎えると、誰もがそこから何とか抜け出そうとします。その際に男性が特に気を付けた方が良いのは、性的な行動への結び付きです。

例えば、若い女性との不倫や浮気、遊び、キャバクラ通い、性依存症などです。男性にとって「老い」という不安を払拭しやすいのは、性的な行動だからでしょう。また、既婚者であれば「家庭や結婚生活の重圧から解き放たれたい」衝動を解消しやすい方法でもあります。

性的な行動以外には、アルコール依存症に陥る場合もあります。

ですが、当然、これらは今までの生活を壊してしまいます。「自分はそんなことにならない」と思っている人も、充分気を付けてください。

女性のミッドライフ・クライシス

女性の中年期は、女性ホルモンの変化で心身に不調をきたす「更年期」と重なる時期ともいえます。

そして、女性のミッドライフ・クライシスは、プライベート(恋愛、家庭、子育てなど)と仕事の両方で、葛藤を乗り越えなくてはならない場面が多く、より複雑になります。

結婚や妊娠・出産を機に仕事を辞め、家庭を選んだ人は、仕事を辞めたことや仕事のキャリアがないことを後悔しやすい傾向にあります。

一方、結婚願望や子どもを持ちたい気持ちがあったけれど、仕事を選んだ人は、結婚しなかったこと、子どもを持たなかったことを後悔しやすいでしょう。身体的に、子どもを持ちたい人にとっては妊娠できるラストチャンスと捉えたり、あるいは精神面では子どもを持たない人生を受け入れる決断を迫られる時期でもあります。

また、両方選んでいたとしても、「あの時、こうしていれば…」という迷いや後悔が生じやすいものです。

向き合わずにいると…

男性でも女性でも、中年期に表面化した課題に向き合わずにそのままにしてしまうと、より状況は深刻になっていってしまいます。自分自身の問題を見つめることが出来ず、人生が上手くいかないのは社会や他人のせいだと考えるようになったり、物事に対して批判的になりやすくなったりします。

この状態が続くと、葛藤が解消されず、ストレスが蓄積されて、辛い状況から更に抜け出しにくくなります。

今までの生き方に関心を失ったり、原因不明の身体症状に悩まされたりして、心の病気に似たような症状が出てくることもあります。深刻になると、実際にうつ病など心の病気にかかってしまうこともあります。

では、ミッドライフ・クライシスを乗り越えるには、どうすれば良いのでしょうか?

>>次ページ ミッドライフ・クライシスを乗り越えるには