【恋愛】座る位置と、距離の心理~合コンでは半径◯◯cmを死守すべし

合コンでは距離◯◯cmを死守すべし

出会いを見つけるために、よく行われる合コン。気になる人がいたけれど、「うまく話せなかった」「次につなげられなかった」という人も少なからずいるのではないのでしょうか。今回は合コンでの必勝法をお教えします。

合コンだけではなく、気になる人が参加している飲み会や集まりでも使える方法ですので必見です!

座る位置、キーワードは「45cm」

合コンで気になる相手がいたら、あなたはどこに座りますか?「最初は控えめに遠くから眺めて…」なんて考えてはいませんか?

でも、それは間違いです。相手の半径45cmくらいの距離の席を死守しましょう。45cmというのはどれくらいかというと、「一方が手を伸ばせば、もう一方に触れられる」くらいの距離です。

心理学では距離と人間関係は比例すると考えられています。文化人類学者のエドワード・ホールは、対人関係の距離を次のように定義しました。

・360cm以上(公衆距離)=授業や講演などの公式的関係

学校の授業や、講演会が行われている時によく使われるのがこの距離です。表情の変化を捉えにくく、1対1のやり取りも難しい距離です。

・120~360cm(社会距離)=職場の同僚などの社交的関係

一緒に仕事や勉強をするような間柄との距離がこれくらいです。この距離だと身体的接触が難しくなります。

・45~120cm(個体距離)=友達などの個人的関係

友人などと個人的な会話をするのにちょうど良い距離です。手を伸ばせば届く距離なので、相手のことが嫌いな場合はストレスを感じます。

・45cm以内(密接距離)=家族や恋人などの親密な関係

家族や恋人など、親密な相手との距離です。身体に触れ合うことが簡単にできてしまう距離です。

人は45cm以内に入ってくる相手のことを無視することが出来ず、常に存在や言動を感じています。その結果、この距離にいる人を自分にとって親密な相手と意識しやすいのです。

逆に言うと、45cm以上だとその他大勢の一人と同化してしまい、相手にアピールしても効果が薄くなります。

勝負は座る前から始まっている

このように、合コンは座った後にどのように盛り上がるか? ではなく、座る前のポジション取りから始まっています。

ですので、合コンの場に行ったら、まずは好きなタイプがいるかどうかさりげなくチェックしましょう。そして、気になる相手がいたら、その人と45cmくらいの席をゲットして自分をアピールしましょう。

ただし、45 cm以内のあまりに近くに座った場合、最初に好意を持たれないと、相手にかなりのストレスを与えることになります。自分に自信がある人以外はやめておいたほうが無難です。

<番外編>
気になる相手は、あなたのことどう思っている?

うまく、45cmくらいの距離の席に座れたとして、相手に嫌がる素振りがまったく見られないのであれば、その時点であなたのことを嫌いではないはずです。アピール次第では相手と親しくなれる可能性があります。

また、もし可能なら気になる相手が席を立った時に、その人の席に座ってみてください。戻ってきても相手が嫌がらないなら、相手はあなたに好意を持っている可能性が高いです。

座る位置はどこがいい?

座る位置と心理【恋愛】

45cmと聞いて皆さんはどこに座りますか?

気になる相手と遠い席は当然避けますよね。遠ければ、それだけ2人で話せる機会も少なくなります。

それでは「目の前」はどうでしょうか?

相手の顔を真正面から捉えて話すことが出来るので、一見最高の席に思えますが、実は座ってはいけない席です。

どうして目の前に座ってはいけないのか、順を追って説明していきましょう。

アメリカの心理学者スティンザーは、小集団の生態を研究しました。そこで、発見したのが以下の事実です。

「以前、口論したことがあるなど敵対している人がいた場合、会議ではその人の正面に座る傾向がある」

ここでは会議となっていますが、これは合コンにも当てはめることができるのではないでしょうか。

この事実を基に考えてみると、合コンで気になる人の真正面に座ることは、相手に敵対心を与えてしまうことになります。また、相手に防御の気持ちを抱かせる原因にもなりえます。

ですので、気になる人がいた場合、自分に自信のある方は隣、それ以外の方は斜め前の席に座ることをオススメします。

隣に座れば距離が近いので、スキンシップがとりやすくなります。相手があなたにある程度の好意を持っていれば、さらに仲良くなれる可能性があります。

また、斜め前に座れば、正面に座るほど相手に威圧感を与えることもなく、自然な形で相手と話すことができます。

<男性の皆さんへ>
女性の嫌いのサインは?

女性は嫌いな人に対して、

・腕や足を組む
・体を後ろにそらせ気味にする
・体全体が相手に対してまっすぐ向いていない

などのポーズをとるということが研究により分かっています。

良い距離の席をゲットしても、女性にこのようなポーズをとられた場合は、あなたのことを嫌がっている可能性があるので、無理にアピールし続けるのはやめましょう。

一方、女性の方はこれらのポーズをとると、相手に勘違いされてしまう場合があるので、注意しましょう。

席取りに失敗したら…

その場に入るタイミングなどによっては座りたいと思うところに座れない場合もありますよね。でも大丈夫!まだ挽回のチャンスはあります。

合コンでは変なプライドは捨てて、「あなたのことが気になっています」というサインを出しましょう。

例えば、気になっている子があまり食べていなさそうだったら、「ちゃんと食べてる?」と声をかける、お酒が少なくなっていたら、その子の代わりにオーダーするなど…。さりげない気遣いを見せれば、相手も「私のこと気にしてくれているんだ」と思うはず!

心理学には「自分だけが心理的報酬を得ている状態を避けようとする心理」があります。分かりやすく言い換えると「人から受けた好意を自分も返したくなる心理」です。

これを「返報性の原理」と言います。たとえば、友人との付き合いでも、無理なお願いを聞いてもらったり、自分の用事に付き合ってもらってばかりいると、申し訳なくなって「自分も何かしなくては」と思いますよね。

これは、恋愛においても同じなのです。人は、「好意」を受け取ると、その相手にも「好意」を返したくなるのです。ですので、相手がフリーである場合、あなたが「好きだ」という意思表示をすれば、そのまま恋愛関係に発展するかもしれません。

心理学を活用した合コン必勝法、いかがでしたでしょうか?

せっかくの出会いの場。受け身のまま終わってはもったいない!もし気になる人がいた場合は、積極的に動いてみてくださいね。

 

 


タイトルとURLをコピーしました