マスク依存「手放せない」に潜む病気と、対処法

マスクに依存?

あなたは、風邪や感染症の予防以外の用途に、マスクを利用することがありますか?
女性がすっぴんを隠すため、ファッションとして…最近では、マスクが多様な理由で使われるようになってきました。ところが、中には、マスクを着用しなければ外出できない、人に会えないという人もいます。

マスクに依存している?

あなたは、以下の項目に当てはまりますか?

  • 風邪、花粉症、インフルエンザ、あるいはその予防以外の目的で、マスクをする習慣がある
  • 風邪が流行る時期でない、夏などでもマスクが手放せない
  • 自分の顔(特に口や鼻、肌など)にコンプレックスがある
  • 人と話しをする時、相手と目を合わせるのが苦手だ
  • 人と話をするのが苦手で、マスクをしている
  • 人と話をするのは苦手だが、マスクをしていると安心できる
  • マスクをしていると落ち着く

当てはまっている項目が多いほど、マスクに依存している可能性があります。

たまにマスクを活用するのは良いですが、マスクをしていなければ人と会ったり話したり出来ないということであれば、日常生活に支障をきたしてくるかもしれません。

心の病気が影響していることも…

また、「社会不安障害(社交不安障害)」「醜形恐怖」という心の病気の症状として表れている可能性があります。

社会不安障害
社会不安障害(社交不安障害)とは、人前で何かするのが怖いと感じ、手が震えたり、顔が赤くなったり、心臓がドキドキしたりします。人並み以上の極度の不安や恐怖を感じるため、そのような場を避けたりすることで社会生活に支障をきたしてしまいます。
醜形恐怖症
醜形恐怖症とは、自分の容姿を「醜い」と感じてしまう心の病気です。もちろん実際に容姿が醜いわけではなく、誰が見ても普通(あるいはそれ以上)の容姿であるにも関わらず、「自分の容姿は醜い」と考えてしまい、日常生活に支障をきたすほど、悩みます。

どちらの病気も、対人関係で恐怖や苦痛を感じます。

そのため、社会不安障害であれば、顔が赤くなっても、「マスクをしているから大丈夫」という安心感に繋がり、醜形恐怖であれば「自分が醜いと感じている部分」をマスクで隠すことが出来るため、自分の顔を見られる苦痛を軽減できます。

ですが、そのうちに、誰かと食事をする時も、家族の前でも家の中でも、四六時中マスクを着けるようになってしまうかもしれません。そして、いつもマスクをしていることで、不思議がられたり、TPOによっては、失礼だと思われ、相手に悪い印象を与えてしまったりすることもあります。

マスク依存の対策

また、マスクを日常的に使うと、使い方によってはマスクに雑菌が繁殖して逆に不衛生になったり、いつも肌と接触しているため、肌が荒れる原因になったりもします。

では、マスクに依存せずに日常を過ごせるようになるには、どうしたらよいのでしょうか。

マスク依存への対処法

自分でできることから始めましょう

まずは、自分がマスクに依存していることに気付くことが大切です。無意識にマスクを常用しているかもしれませんので、自身が、必要以上にマスクを着用していないか振り返ってみて下さい。

もし多用しているのであれば、最初は出来る範囲で構いませんので、マスクをしない時間を増やしていきましょう。例えば外出時だけでなく家の中でもマスクをしている場合、家の中ではマスクを着けずに生活してみましょう。それが出来るようになったら、外を歩いている時だけは、外してみましょう。

少しずつチャレンジしてみると、案外平気だと思え、徐々にマスクをせずにいられる時間が増えてくるかもしれません。

また、自分のコンプレックスを受け入れることも大切です。もちろん簡単なことではないでしょう。ですが、自分が思っているほど、周囲は気にしていないということがあります。

心の専門家を頼ることも大切です

マスクを片時も外せない、外すと辛くてたまらない、一人ではどうしようもないといった場合は、精神科もしくは心療内科を受診して下さい。臨床心理士が在籍するカウンセリングルームや臨床心理オフィスでも相談できます。

医師の処方のもと、不安や抑うつに効くお薬を使ってみるのも効果があります。

あわせて読みたい
精神科や心理カウンセリングの費用ってどのくらい?

お薬だけでなく、医師やカウンセラーなど、自分のことを受け入れてくれる人を見つけ、安心して話すことが出来る相手とのコミュニケーションを密にしていくことが大切です。

カウンセリングでも、マスクを着けていない時の不安や恐怖について言語化することによって、不安や恐怖を和らげていきます。

「エクスポージャー(暴露療法)」という心理療法では、あえて嫌な場面、避けている場面に段階的に試して、その時の気持ちについて考えてみます。信頼出来るカウンセラーと一緒に試みることによって、無理をせず、安心して取り組むことができます。

風邪や感染症の予防等にとても役立つマスク。

ですが、本来の使い方ではない使い方をしている方は、これを機にちょっと考えてみて下さいね。

マスクなしで過ごせるようになれば、精神的にもリラックスして日常を過ごせるようになるかもしれません。


タイトルとURLをコピーしました